NEWS

Latest documentary "Oyster Factory" has been officially invited to Locarno International Film Festival 2015! 最新作『牡蠣工場』がロカルノ国際映画祭へ正式招待されました!

Monday, July 03, 2017

「#菅官房長官語で答える」プロジェクト

約2年前に書いたエッセイをここに貼っておきます。

ーーー

 菅義偉官房長官の発言が物議をかもした。

 フジテレビの番組で菅氏は、歌手で俳優の福山雅治さんの結婚について「この結婚を機に、ママさんたちが一緒に子供を産みたいとか、そういう形で国家に貢献してくれたらいいなと思っています。たくさん産んで下さい」と発言したのである。

 この発言から、戦中の「産めよ増やせよ」というスローガンを連想した人は多かったのではないだろうか。当時日中戦争の泥沼に陥っていた日本政府にとっては、戦争遂行のために人口を増やすことが急務であった。

 当然、菅氏の記者会見では記者からこの点についての質問が飛んだ。その様子を、「朝日新聞」は次のように伝えている。

 「『産めよ増やせよ』との政策を連想する人もいる」との質問には、「全く当たらない」と反論。「安倍晋三首相も、不妊治療を受ける方を応援する趣旨の発言をされている」と述べ、不妊治療の支援策などに取り組む政府の姿勢を強調した。(2015年9月29日
星野典久)

 僕はこれを読みながら、「またか」という思いにイライラした。菅氏はこれまで、どんなに厳しい批判に対しても「全く当たらない」という言葉でかわしてしてた。その言葉さえ発すれば、どんな矢が飛んできてもポキリと折れて、無敵になるかのように。

 そう考えた時、突然子供の頃のことを思い出した。誰かが道端のウンコか何かを踏んづけてしまったとき、僕らは「バリア張った!」と叫びながら中指と人差し指を交差させて結界を張ったものである。そうすればウンコを踏んだ友達が自分を触っても、ウンコの「穢れ」はなぜか僕に伝染しないことになっているからだ。地域によっては「エンガチョ切った」などとも言うようだ。皆さんにも記憶があるのではないだろうか。

 いずれにせよ、菅氏の「批判は全く当たらない」という言葉には、「バリア」や「エンガチョ」のような魔力がある。それさえ唱えれば、あらゆる批判的言説が無力化してしまうのである。

 そこで僕は、「菅氏の語法を自分で使ったらどうなるか」という悪魔的なアイデアを思いついた。僕のツイッターには、毎日毎日、安倍政権を支持する人たち、特にネトウヨと呼ばれる人たちから攻撃的なリプライが届く(いわゆる「クソリプ」)。それらのクソリプに丁寧に付き合っていても、生産的な対話になった試しがない。こちらが消耗するばかりである。ならば、彼らに対して、「#菅官房長官語で答える」というタグをつけて明示しながら、すべて「菅官房長官語」で切り返したらどうなるか……?以下は、そのほんの一例である。

>>こんかいの安保法案は国選権の否認、すなわち他国領土、領海内での戦闘行為を伴なう自衛隊の武力行使を容認していないため、憲法違反だとは言えません。

想田:そのような指摘は全く当たらない。#菅官房長官語で答える

>>警察予備隊を自衛隊として解釈改憲により再編成したところから始めないといけなくなりますね。

想田:言ってる意味がよくわからないというのが率直なところだ。#菅官房長官語で答える

>>違憲か合憲かは、憲法学者如きには、決められないでしょ?なんで嘘を流布するの?(・ω・)ノ

想田:そのような指摘は全く当たらない。#菅官房長官語で答える

>>もういい加減、憲法違反という陳腐なデマはやめません?安保法案は有権解釈権を有する全公的機関が明確に「合憲」と明言。最高裁も違憲判決など出してない(棄却は既に出た)つまり100%合憲なのです。日本は法治国家。憲法学者やお笑い芸人には何の権限もありませんw

想田:違憲だと言っている憲法学者もいっぱいいる。#菅官房長官語で答える


 「菅官房長官語」には、「批判は全く当たらない」のほか、「よく意味がわからないというのが率直なところだ」「個別の事案について答えることは控えたい」「不退転の決意で、正々堂々と、法令に則って粛々と進めるだけ」「全く問題ない」「常識では考えられない」など、いくつかのバリエーションを用意している。それらを文脈に応じて適当に使って返答していくわけだ。

 僕はそこに「今は理解されなくとも、今後時を経る中において、十分に理解は広がっていくと、このように確信しております」といった「安倍語」や、「対案を出せ。文句があるならお前がやってみろ」といった「橋下語」も加えて、パワーアップを計った。

 すると、どうなるか。あれだけしつこかったネトウヨたちが一様に黙り込み、彼らからのリプライそのものが激減したのである。僕はこの手法によって、クソリプをことごとく「撃破」することに成功したのである。

 この破壊力には全く驚くほかなかった。

 ‪菅官房長官語で答えるコツは、相手の質問や抗議に対して決して答えないことである。自然にしていると、思わずうっかり答えそうになるが、そこをグッとこらえる。そして木で鼻を括ったような定型句を繰り出す。するとコミュニケーションがそこで遮断される。議論にならない。なりようがない。

 ところが、菅語で答えても一応受け答えしているので、傍目にはコミュニケーションが成立しているように見えてしまう。質問者はその問いかけが真摯であれば真摯であるほど心理的なダメージが大きいし、周りには愚か者のように見えてしまう。これが菅語の恐ろしさの秘密である。

‪ ‎安倍語と‎橋下語の原理も実は同じだ。安倍氏の言葉も橋下氏の言葉も、コミュニケーションを遮断する目的で使われる。実はそれ以外の機能はない。菅語を回りくどくすると安倍語になり、攻撃的にすると橋下語になる。違いはそれだけ。

 僕とネトウヨのやりとりを見ている人々は、タグによる明示のおかげで、僕の菅語がコピペであることを知っている。そこで明らかになるのは、僕ではなく菅氏の言葉の暴力性だ。

 そう、それはコミュニケーションを一方的に遮断するという暴力性である。言葉とは本来、意思の疎通のために発明されたはずだが、それを意思の疎通を遮断するために使う。彼らが無敵に見えるのは、そもそも議論の土俵に乗らないからだ。試合に出ない人間は絶対に負けないのである。

 だからこそ、菅氏や安倍氏や橋下氏は強い。負けない。しかしそれには恐るべき副作用がある。ディスコミュニケーションが蔓延し、対話なしには健全さを保てない「デモクラシー」を根底の部分で蝕むという副作用である。

 彼らを支えているのは、公共性の犠牲の上に築かれた「強さ」である。そして私たちは、政治家の空虚で暴力的な言葉に、毎日付き合わされているのである。そのツケが私たちの社会にとってどれだけ甚大であるのか、算出するすべはない。

Sunday, February 14, 2016

『牡蠣工場』舞台挨拶の予定


2/20(土)から東京・渋谷のイメージフォーラムで封切られる『牡蠣工場』(公式サイト→http://www.kaki-kouba.com/ )ですが、舞台挨拶の日程が決定しました。2/20(土)、2/21日(日)、2/25(木)に実施。

◆2月20日(土) 
10:45の回上映後/13:40の回上映後/16:35の回上映前

◆2月21日(日) 
10:45の回上映後

◆2月25日(木) 
19:30の回上映後

シアター・イメージフォーラム
http://www.imageforum.co.jp/theatre/

この機会に是非、劇場にお越しください!

Monday, July 27, 2015

70点を目指す市民運動のあり方

SEALDsだけでなく、ママのデモが出てきたりして、市民の運動がいい感じに盛り上がってきましたね。横のつながりだけでここまで広がっていることは、まさにデモクラシーの実践という感じで、非常に素晴らしいと思います。

その一方で、これだけ運動が広がってくると、いろんな考えのいろんな人が参加することになるわけですから、中には「それはちょっとどうなの?」と違和感を感じる発言や行動をする人も出てくると思います。大事なのは、そうした違和感を押し殺さないこと。同時に、その違和感をどう伝えたら運動にとってプラスになるか?という視点を持ちながら表明することだと思います。

忘れてならないのは、こうした運動には組織のバックボーンがないので、いろんなほころびが出るのは自然だということです。というより、どんな集団にも100%はありえません。10%の不備を理由に、残りの90%を否定してしまわないように気をつけたいと思います。10%の不備があるなら、その不備を少しでも改善していくようなことが大事だと思います。個人的には、こうした運動は70点くらいが合格点だと思っています。

その上で、どうしても運動の「不備の部分」が自分にとっては決定的に受け入れがたい、と感じる人が出てくるのも自然なことだし、健全だと思います。そうした方は、昨日の投稿で申し上げたように、そうした違和感を大事にして、違和感を共有する方々と独自の運動を立ち上げるのもよいと思います。

Tuesday, July 21, 2015

新作『牡蠣工場』がロカルノ映画祭へ! Our latest movie "Oyster Factory" in Locarno!

新作「牡蠣工場」(かきこうば、観察映画第6弾、2015年、145分)がロカルノ国際映画祭へ正式招待されることになりました〜!映画の公式サイト(英文)作りました。出来たばかりの予告編、ぜひご覧くださいませ。

Our latest documentary "Oyster Factory" (Kaki Kouba, observational film #6, 2015, 145 minutes) is now officially invited to Locarno International Film Festival! We just have made the official website of the film (in English). Enjoy the brand new trailer!

http://www.oysterfactory.net/


『カメラを持て、町へ出よう 「観察映画」論』発売間近!

拙著『カメラを持て、町へ出よう 「観察映画」論』(集英社インターナショナル)の見本が届いた (^_^)。発売は7月24日から。映画美学校で行った連続講座「観察映画の作り方」の書籍化。受講者の皆さんとのインタラクティブ方式ですので、かなり楽しくドキュメンタリーやメディアのことが学べると思います〜。

http://www.shueisha-int.co.jp/archives/3463

Sunday, July 19, 2015

紋切り型ではない、豊かでみずみずしい、新たな言葉

拙著『日本人は民主主義を捨てたがっているのか?』(岩波ブックレット)で、僕は橋下徹氏を論じる文章を、このように締めくくりました。少し長いけれど引用します。

 「僕はこの数カ月、橋下氏を支持する人々と議論しながら、ある種の虚しさを感じ続けてきました。それは馬の耳に念仏を唱えているような、そういう空虚さです。自分の言葉が、驚くほどまったく相手に響かないのです。
 しかし橋下氏の言葉の感染力とその原因について考察してみると、僕を含めた批判勢力が繰り出す言葉が、氏の支持者に対して「のれんに腕押し」状態であることにも、理由があるのだなという気がしています。
 というのも、僕らが繰り出す言葉も、実はだいたい語彙が決まっているのです。「民主主義への挑戦」「独裁」「ヒトラー」「マッカーシー」「戦前への回帰」「憲法違反」「思想良心の自由」「人権を守れ」「恐怖政治」「強権政治」などなど……。
 こうした言葉は、それらを好んで発する人間にとっては、強い感情を喚起しうる強力な言葉です。これらの言葉を橋下氏やその支持者に投げかけるとき、僕らはまるで最強のミサイルを撃ち込むかのように、「どうだ、参ったか?」という気持ちで発するのです(『世界』を愛読する方の多くはそうではないでしょうか)。実際、たぶん一九七〇年代くらいまでは、例えば「思想良心の自由」という言葉は、まるで水戸黄門の印籠のように、それを発しさえすれば誰もが条件反射的にひれ伏してしまうような、強力な殺し文句でありえたのではないか(といっても僕は一九七〇年に生まれたので、実際のところはよく分かりませんが)。
 しかし時代は変わり、橋下氏とその支持者に「思想良心の自由を守れ」とか「恐怖政治だ」などという言葉を浴びせても、彼らはびくともしません。「だから何?」という調子で、面白いくらいに効き目がありません。コミュニケーションが成立しないのです。そして、様々な世論調査で橋下氏の支持率が過半数である以上、かなり多くの日本人が、僕らが繰り出す「黄門様の印籠」には反応しなくなっていると推定できるでしょう。
 おそらく彼らにとっては、これらの言葉はすでにリアリティを失い、賞味期限が切れてしまっているのです。したがって感情を動かしたりはしないのです。彼らは、例えば君が代の問題を語る際にも、「思想良心の自由を守れ」よりも、「公務員は上司の命令に従え」というフレーズの方に、よほど心を動かすのです。僕個人としては、極めて由々しき事態であると思います。 とはいえ、彼らを責めてばかりもいられません。
 考えてみれば、実は僕らにも戦後民主主義的な殺し文句に感染し、むやみに頼りすぎ、何も考えずに唱和してきた側面があるのではないでしょうか。つまり橋下氏の支持者たちと、同型の怠慢をおかしてきた可能性はないでしょうか。そして橋下氏の支持者たちは、僕らが繰り出す言葉からそのような臭いを敏感に嗅ぎ取っているからこそ、コミュニケーションを無意識に拒絶している。僕にはそんな気がしてなりません。
 もちろん、民主主義的な価値そのものを捨て去る必要はありません。むしろ、ある意味形骸化してしまった民主主義的諸価値を丹念に点検し、ほころびをつくろい、栄養を与え、鍛え直していく必要があるのです。
 そのためには、まず手始めに、紋切り型ではない、豊かでみずみずしい、新たな言葉を紡いでいかなくてはなりません。守るべき諸価値を、先人の言葉に頼らず、われわれの言葉で編み直していくのです。それは必然的に、「人権」や「民主主義」といった、この国ではしばらく当然視されてきた価値そのものの価値を問い直し、再定義していく作業にもなるでしょう。
 橋下氏や彼を支持する人々をコミュニケーションの場に引きずり出し、真に有益な言葉を交わし合うためには、おそらくそういう営みが必要不可欠なのだと思います。」

 ここで論じたのは橋下氏についてですが、それを安倍首相に置き換えても全く同じことが言えると思います。
 そういう観点からすると、いまの学生主体の運動には目を見張るものがあります。たとえば下に紹介するSEALDsKANSAIのともかさんのスピーチなどは、まさに「紋切り型ではない、豊かでみずみずしい、新たな言葉」のように思いました。それを自然体でさらりとやってのけている。とても素晴らしいと思います。

【スピーチ全文掲載】SEALDsKANSAIともかさん
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/253905